• 創立1979年
  • 資本金4,000万円
  • 社員数121名
  • 売上高億円
  • 取り扱い製品数10,000種以上
  • 国内シェア 海外シェア ※高圧電源分野において 国内シェア 海外シェア ※高圧電源分野において
  • 累計取引社数 10,000社以上
  • 取引国数 35ヵ国(先進国メイン)

日本国内営業所

本社

〒525-0041
滋賀県草津市青地町745

Google Map

イノベーションセンター
・プロダクションセンター

〒520-2141
滋賀県大津市大江8丁目432

Google Map

東京営業所

〒108-0075
東京都港区港南2-16-4
品川グランドセントラルタワー9階

Google Map

名古屋営業所

〒450-6315
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1
JPタワー名古屋15階

Google Map

大阪営業所

〒532-0003
大阪市淀川区宮原4-1-9
新大阪フロントビル8階

Google Map

海外営業所

North Carolina Office

5960 Fairview Rd Suite 400 Charlotte,
NC 28210
USA

Google Map

Our Identiy

私たちの個性

  • 自社開発

     私たちは、販売する製品の開発、設計、製造を自らの手で行います。お客様が開発や設計を行い、私たちが製造だけを行うといった、下請け事業は行いません。下請け事業会社は世の中にたくさん存在しています。私たちは松定にしかない技術で、より高い付加価値をお客様に提供する道を選びます。
     お客様に対してより高い付加価値を私たちの力で提供する。自社開発は松定プレシジョンの個性です。

  • 直販体制

     私たちは、自社開発した製品を自ら販売します。販売代理店に営業を任せることはありません。なぜなら『私たちの製品が、どのお客様に対して、どのような価値をもたらすのか』を最も理解しているのは私たちだからです。
     お客様が気づけていないような新しい価値を提案し、お客様の製品やお客様の仕事をよりよくしていきます。 お客様に対して私たちの付加価値をダイレクトに訴求する。直販体制は松定プレシジョンの個性です。

Message

私たちはこんな人

私たちは何事も自主的に取り組む姿勢を大切にしています。高圧電源から始まった松定はそのノウハウを活かし、これまでX線検査装置や分析装置など、様々な新しい事業に果敢に挑戦してきました。どんなことも他人任せにするのではなく、自分たちが挑戦をすることでより良い未来を作っていきたいと考えています。

社風

                              
  1. 01

    全員〇〇さん

    松定では新入社員でも40歳以上のベテラン社員でも〇〇さんと、”さん”付けで呼びあいます。役職やあだ名で呼び合ったりすることはありません。これは、誰であってもより意見を発しやすい雰囲気を作るためなのです。「年齢や社歴に関係なく、若手社員もいい意見を持っている」というのが弊社の考え。心理的な壁をなくし、議論が行いやすい社風を実現しています。

  2.                          
  3. 02

    チャレンジのための投資は惜しまない

    意見を引き出し、チャレンジしてみたいという気持ちを持っている社員には全力で応えるのが松定プレシジョンです。若手社員からの提案で累計2億にも及ぶ投資をした実績もございます。数々の失敗があるからこそ成功に繋がるということをこれまでの歴史で痛感している松定は、積極的な姿勢を持つ社員をサポートします。

  4. 03

    円卓多くないですか?

    社内を見渡してみるといたるところに円卓が。これは職種や事業部、入社年度に関係なくより良いものをつくりたいという想いを持った社員同士が自由に意見交換するための機会を設けるために配置されているのです。また社内には職種や事業部ごとにチームを区切るような壁は存在していません。これらの工夫により様々な垣根を超えた意見交換が可能になります。

  5. 04

    さっと集まり、さっと解散

    松定のミーティングは特に準備をせずに、さっと集まりさっと解散します。その代わり頻度は高めです。なぜならミーティングが長期間空いてしまうと、前の内容を忘れたり、知らぬ間に仕事の方向性が求められているものと違う方向に行ってしまったりします。おそらく誰にでも経験があると思います。高頻度で改善案を出していくことでよりスピーディーに成果を出していくの松定流です。実は会議室に大勢が集まって、資料を眺めながら進めていくような、典型的な「会議」では中々意見がまとまらなかったりします。

Development base

開発拠点

弊社は研究開発に対する投資を決して惜しみません。
なぜなら最先端の開発は最先端の環境でこそ実現できると考えているためです。
他社では共⽤で使うような設備も、松定では個⼈のデスクに⾃分専⽤の⾼額機器を備え付け。待ち時間などを気にせず⾃分がしたい時にしたい開発ができる環境を⽤意することで、新たな製品を次々とスピーディーに世に送り出しています。
さらに、試⾏錯誤を数多く繰り返すことによって、エンジニアの更なる成⻑を促します。

  • 社屋

    2009年に敷地面積約18,500平方メートルの真新しい研究所を施工、2016年にはさらにプロダクションセンターを増設。恵まれた環境で技術者たちのインスピレーションを刺激し、松定オリジナルの新製品を次々と生み出しています。

  • フロア全体

    フロアを区切る壁は一切ございません。これにより気になることがあれば職種や事業部、役職に関係なくすぐにコミュニケーションをとることが可能です。

  • 朝礼スペース

    通称「ワイガヤコーナー」。ここでは毎朝全拠点を繋いで全体朝礼を行っています。朝の健康体操など、社員の健康づくりに向けた取り組みもこのスペースで行っています。

  • 筋トレグッズ

    筋力維持のために設置された筋トレスペース。昼休みになると10名ほどの社員が集まり、談笑しながら筋トレを行っています。

  • 研修ルーム

    社員研修や打合せ、採用イベントなどで用いるスペース。全面窓ガラスで外からの太陽光が入る明るいスペースです。

Sales office

営業拠点

松定プレシジョンは研究だけでなく、営業所の環境にも⼿を抜きません。素晴らしい研究を世界に届けるのは、営業部署だから。せっかくいいものを作っても、世界に届けられなければ意味が無いと考えるから。世界に発信するためにクリエイティブな発想と、機動⼒をつける。そんな営業所を⽬指します。

  • フロア全体

    事業部ごとの仕切りがなく、オープンフロアのレイアウト。相談があればすぐに先輩社員に話しかけることができます。

  • ミーティング
    スペース

    毎朝の朝礼や営業ミーティング、新入社員教育、体操などを行うスペース。オンライン会議システム常備で各拠点とも容易に繋がることができます。

  • オンライン
    商談用PC

    訪問が難しいお客様とはオンラインで商談を行います。お客様製品の資料を共有いただきながら技術的な話をすることもしばしば。

  • 駅から
    営業所まで

    東京営業所のオフィスが入るビルまでは品川駅から徒歩3分。駅直結で通勤中に雨で濡れる心配はありません。

  • デモルーム

    実際の装置で弊社製品を試していただくスペース。アクセスが良く、世界各国からお越しいただいております。

Global Expansion

積極的なグローバル展開

私たちは決して大規模な企業ではありませんが、積極的なグローバル展開をしています。その勢いは増すばかりで、毎年過去最高の海外売上を更新しています。私たちのように高い技術力を持っている企業であれば、グローバルニッチ市場において世界中のお客様から必要とされるのです。

グローバルニッチ市場とは

世界市場においてニッチ(すき間)市場と認識される市場分野のこと。市場規模は小さい一方で、技術的優位性が高ければ高いほど市場を独占することができる。また、競争企業が少なければ少ないほど、利益率も高く保つことができる。

なぜ松定は海外からも
必要とされるのか?

  • 高い技術力

    私たちは長年、電源を独自に開発し、商品をブラッシュアップし続けています。これまで培ってきた経験だけでなく、最新の設備やノウハウで他社よりも高い技術力を保持しています。

  • 数多くのラインナップ

    電源のラインナップは他の競合メーカーよりも数多く揃えています。これによりお客様は松定に問い合わせをすればなんでも揃うと感じていただいています。

  • スピーディーな対応

    私たちは海外においても直販体制です。お客様からお問い合わせいただいてから納品までスピーディに対応しています。このスピーディな対応は海外競合メーカーと比べてダントツです。

これからの海外展開

私たちの海外市場には、まだまだ開拓していく余地があります。私たちにはお客様のニーズを直接吸い上げることができるため、これからは長年培った技術力と直販体制でよりニーズに適した新商品を生み出し、海外市場を開拓していきます。